Adobe Sign連携プラグイン

k&iソリューションズ株式会社

AdobeSign連携プラグインロゴ.png

電子サインのAdobe Signをプラグインで簡単連携!電子契約の業務に合わせた運用が実現できます。専門家が監修しているため、電子帳簿保存法対応も安心です。

特徴

受信者のメールアドレスだけで締結可能

 

受信者側の環境にkintoneとAdobe Signは不要です。 メールアドレスさえあれば電子契約を締結することができます。


どこでも署名ができます

 

ブラウザ上で手書きサインができるため、スマホでも署名ができます。 受信者に署名/承諾/押印等の様々な手段で契約の締結を求めることができます。


ワークフローにも対応

 

連名での承諾/署名が必要な場合に、複数の受信者へ一度に署名依頼を送信することができます。 署名完了までの期間を短縮し、事業スピードを加速させることができます。 社内稟議のシーンでも活用できます。


CC配信で担当者と進捗共有

 

契約当事者でない対象者にCCを配信することができます。契約手続の進捗を営業担当者等と容易に共有できるため、顧客満足度の向上に寄与することができます。


文書にパスワードをかけて二要素認証を実現

 

kintone上で文書に閲覧パスワードを設定することができます。当機能により、高い認証レベルでの運用を実現することができます。


進捗をリアルタイムに確認

 

署名のリアルタイムな進捗状況をkintone上で確認することができます。受信者にメール等で確認する必要はありません。


リマインドも可能

 

署名を促すリマインダーをkintone上から送ることができます。リアクションが無い場合でも、電話連絡の必要はありません。


誤った文書の送信時には中断

 

文書の署名依頼をkintone上から中断することができます。誤った文書を送信してしまった場合には、中断を実行することで即時に依頼を無効にできます。受信者は無効後の文書を閲覧することもできません。


PDF文書上で受信者へ回答を依頼

 

受信者に文書上での回答を要求することができます。テキスト/数値/日付/ドロップダウン等の項目以外にも、文書上へのファイル添付を求めることもできます。証明書画像/決裁書/写真などを添付してもらい、エビデンスとして保存できます。


回答データで検索/分析

 

文書に設置したテキスト欄、ドロップダウン、チェックボックス等で、受信者が回答した内容はkintoneにデータとして自動保存されます。回答データを利用した検索・分析等が可能になります。


締結された文書はkintoneに自動保存

 

署名済みの文書は自動的にkintoneへ保管されます。kintone上のCRM/SFAと関連レコード等で連携させることで、文書共有がスムーズになります。


プロセス管理機能と連携

 

kintoneのプロセス管理機能との連携により、サイン依頼の実行を制限することができます。決裁/チェック前に署名依頼が送信されてしまうことを防ぐことができます。


一括送信も可能

 

kintoneレコードの一覧画面に表示されているレコードに対し、一斉に署名依頼を送信できます。プロセス管理と連携し、未決裁文書の誤送信を防ぐことができます。


電子帳簿保存法への対応が可能

 

PDF文書上のタイトル/日付/金額データ等をkintoneに自動保存できるため、手入力無しに電帳法上要求される「検索性の要件」を満たすことができます。また、ご希望に応じて電子化に強い税理士法人が電子帳簿保存法対応をサポート致します。

※ Adobe および Adobe Sign はAdobe Inc.の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。



利用シーン

業種・業務を問わず様々なシーンで利用可能

例えば・・・

人材派遣業での利用

数か月おきに発生する大量の雇用契約書の更新手続きをkintoneで管理しながら、Adobe Signで文書の締結を実施することができます。 kintone上で更新時期を管理することで、更新漏れを防ぐことができます。

銀行業での利用

住宅ローンの契約手続きをAdobe Signで実施することにより、契約締結までの時間を短縮できるだけでなく、お客様の印紙税等の負担を軽減できます。 kintone上のCRMにプラグインを入れることで顧客管理と契約管理を一元化でき、管理業務の負担を減らすことができます。

建設業での利用

請負契約書の契約手続きをAdobe Signで実施することで、印紙税を削減することができます。 また、複数の担当者が絡む社内の決裁業務もkintoneの社員名簿アプリと連携させることで、簡単に署名ワークフローを自動化することができ、事業スピードを向上できます。

法務部での利用

文書の種類、署名者、契約開始日、契約終了日、取引金額から損害賠償金額等までビジネス文書には貴重な情報がつまっています。 取引先別の依存度・好む契約内容、契約実績の推移、契約更新の対応優先度、損害賠償を受けた場合のリスクなど、文書に多様なフィールドを設置し、データを取得できるAdobe Signと業務に合わせたアプリ設計ができるkintoneを組み合わせることにより、法務部起点でデータドリブンを実行することができます。

他にも

注文書、NDA、基本取引契約書、社内稟議書等の幅広い文書に利用することができます。

価格(税抜)

初期費用:無料
月額費用:月額費用:15,000円(年額:174,000円)
その他カスタマイズ:個別にお見積りさせて頂きます。
例)認定タイムスタンプ機能、閲覧パスワードSMS送信機能、ステータス自動更新機能 等

※ ご利用にあたっては、Adobe Signエンタープライズ版の利用契約と費用のお支払いが別途必要となります。
※ 当プラグインはkintoneのドメイン単位でご利用いただけます。
※ タイムスタンプ及びSMS通知の利用料金は毎月末締めの処理実績に基いてご精算頂きます。

お試し・資料ダウンロード

お試し申込み 資料ダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせ

提供会社

k&iソリューションズ株式会社

URL:
https://kandi-sol.co.jp/

k&iソリューションズ株式会社は税理士法人、社会保険労務士法人、行政書士法人で構成される総合コンサルティンググループを母体とし、提供する情報サービスはそれぞれの専門家が監修しています。士業の知識・経験×kintone×電子契約の様々な情報サービスを連携させることで、書類の電子化だけでなく業務改善、コンプライアンス強化まで含めたソリューションをワンストップでご提供致します。