ツバイソERP

ツバイソ株式会社

企業ロゴ(ツバイソ株式会社) (1).jpg

財務会計、管理会計、販売管理、購買管理、在庫管理、人事労務管理、給与管理、経費精算、固定資産管理などを統合管理できるクラウドERPです。

特徴

業務プロセスを幅広くカバーするクラウドERP

ツバイソは、決算会計管理、消費税管理、財務管理、販売管理、購買管理、旅費経費精算管理、固定資産管理、人事・労務管理、給与計算管理、年末調整・法定調書管理で、業務プロセスを幅広くカバーします。
ツバイソが業務プロセスの網羅性を確保し、上流業務プロセスの数字を補足することで、業務を自動化し、強力な管理会計が可能となります。

REST APIで世界中のアプリケーションとつながる

ツバイソは、REST APIで世界中のアプリケーションとつながるクラウドERPです。バラバラなシステムをつなげることで、点在する情報を一元管理しし、業務と業績管理を自動化します。

kintoneでツバイソERPをカスタマイズできる

「kintone」と「ツバイソERP」を連携することで、kintoneをツバイソのフロントウェアとして活用できます。kintoneで業務ごとのアプリを作ることで、ユーザー企業の固有業務にフィットしたERPを構築することも簡単にできます。
たとえば、営業管理や商品・サービスの購買〜検収までの工程を「kintone」アプリで、会計処理、販売管理、財務管理などの複雑な処理を「ツバイソERP」で自動化することもできます。

スピーディに開発できる

シンプルなUIで業務ごとにアプリを構築できるkintoneと、計算、集計、管理会計など高度な処理ができるツバイソをREST APIでつなげることで、スピーディな開発が可能となります。

例えば、これまで1年程度の開発期間が必要だったシステムを1ヶ月程度で開発できるようになります。公認会計士を始めとする業務、会計、ITに習熟したコンサルタントがお客様毎の課題を、先端テクノロジーを使って、オーダーメードで解決します。

ノンプログラミング、API Tokenの設定だけですぐに使える下記の連携アプリも用意しています。
・ツバイソERP売上明細リアルタイム連携
・ツバイソERP仕入・経費明細リアルタイム連携
・ツバイソERP社員情報リアルタイム連携
・ツバイソERP社員基本情報マスタ連携
・ツバイソERP社員マスタ連携
・ツバイソERP取引先マスタリアルタイム連携

利用シーン

発注申請以降の購買プロセスの自動化(プロトタイプ稼働まで:4時間)

①発注申請〜承認(コラボフロー)

コラボスタイル社の「コラボフロー」を利用。
商品の発注申請を行います。発注するとkintoneにデータが連携します。

②発注/検収管理(kintone)

発注済リストを元に納品の有無を管理します。検収日を持ってツバイソにデータが連携します。

③購買管理/仕入・経費明細(ツバイソ)

ツバイソの購買モジュールに、費用として計上されます。その後、支払い、消し込み、会計処理を自動的に行います。

売上・仕入が同時に計上されるプロセスの自動化(プロトタイプ稼働まで:3時間)

①受注、発注、検収(コラボフローとkintone)

仕入先からの出荷通知をもとに検収し、売り上げと仕入れを同時に計上しています。 受注先と発注先は「ツバイソERP取引先マスタリアルタイム連携アプリ」からルックアップで入力できます。原価率で仕入単価から販売単価を計算します。取引先マスタを加工し、原価率の項目を追加して、ルックアップで自動入力も可能です。

②会計処理(ツバイソ)

検収日にて、申請部門の売り上げ、仕入れとしてツバイソで自動計上。 入金、支払い(FBデータ作成)、自動消し込み、勘定科目別・取引先別の債権債務残高管理はツバイソで自動化できます。

業務の購買フローを自動化(プロトタイプ稼働まで:4時間)

購買申請〜承認〜発注管理〜検収(会計処理)〜支払い(FBデータ作成)〜消し込み(会計処理)〜債務残高管理までの業務フローを完全自動化するシステムを構築します。

①購買申請→承認→発注→検収(kintone)

②会計処理→支払い→消し込み→残高管理(ツバイソ)

人事管理プロセスの自動化(プロトタイプ稼働まで:3時間)

①社員管理(ツバイソ)

社員の基本情報や増減を管理します。

②労働条件の登録~承認(kintone)

ツバイソの社員情報を取得し、社員マスタとして利用します。各社員には給与ランクが設定でき、給与ランクには給与テーブルが紐づけられています。人事考課の際、所属部長は社員マスタに新しい労働条件を設定・申請します。担当役員が確認・承認すると、労働条件の更新が完了します。

経費仮払いプロセスの自動化(プロトタイプ稼働まで:5時間)

①経費・仮払い申請~承認(コラボフロー)

コラボスタイル社の「コラボフロー」を利用。仮払いの申請を行います。承認されるとkintoneにデータが連携します。

②購買管理(ツバイソ)

kintoneからツバイソへ、仮払い額が社員別に支払予定伝票として登録され、FBデータで一括振込が可能です。

③仮払い精算申請~承認(コラボフロー)

仮払い申請の内容を転記し、使用した経費を登録の上、仮払い精算の申請を行います。承認されるとkintoneにデータが連携します。

④購買管理(ツバイソ)

kintoneからツバイソへ、仮払い額と実費の差額が、社員別に支払予定伝票として登録されます。 また、経費の発生額がツバイソへ社員別に費用として計上されます。

上場、IPOの準備がしたい方

証券市場が定める5つの上場審査基準のうち、“内部管理体制”と“開示体制”の構築に多大なコストがかかりますが、ERPの導入により、低コストかつスピーディに解決することが可能となります。また、IPOに必要な業績向上にも利用することができます。

以下の課題をお持ちの方

・パッケージソフト、WEBシステム、ワークフローシステム、エクセルなどがバラバラで、2重3重のデータ入力、ダブルチェックに無駄な人手や時間がかかっている。
・欲しい情報がバラバラ、管理会計上意味のある情報の集計に無駄な人手や時間がかかっている。
・販売管理、購買管理、在庫管理など、パッケージソフトでは対応できない固有業務がある。

価格(税抜)

費用は法人ライセンスとユーザーライセンスにより構成される。
詳細はこちら

お試し・資料ダウンロード

お試し申込み 資料ダウンロードはありません

お問い合わせ

お問い合わせ

提供会社

ツバイソ株式会社

URL:
https://tsubaiso.jp/

ツバイソ株式会社は、REST APIで世界中のアプリケーションとつながるクラウドERP「ツバイソ」を開発する、テクノロジーベンチャーです。公認会計士をはじめとする会計、業務、ITに習熟したコンサルタントがお客様毎の課題を、先端テクノロジーを使って、オーダーメードで解決します。 ツバイソ事業は、2006年にスタートしました。2015年1月に、ツバイソ事業を成長加速させることを目的とし、ツバイソ株式会社を会社分割により設立しました。