雷神レポート

株式会社アイ・コン

raising-logo.png

とりあえず見たいデータは、こだわらない、それなりのAI(?)帳票におまかせ! フォームレスの帳票サービスです。一覧画面をそれなりの書式で出力します。

特徴

フォームレス:
レイアウト定義を用意しません

「帳票」といえば帳票のフォーム(レイアウト定義、帳票の書式)を作成するのが一般的です。取引先とのやり取りに使われる伝票や請求書、基幹業務で使用される帳票は、書式が決められているのでフォーム作成は必須。
一方、現場の担当者がデータを情報化するために作る「とりあえず帳票」は、決められた書式はなくそれなりにデータが確認できれば良いはずなのに、「一応納得する状態」に整えるためにExcelでレイアウトを作っています。
雷神レポートは、「帳票にはフォームが必要」という概念を取っ払い、とりあえず印刷したいデータを「フォームレス」で最適なレイアウトを判断して帳票を作成します。

「とりあえず帳票」:
書式にこだわらない帳票がターゲット

雷神レポートのターゲットは、現場の担当者が使用する書式が厳格に決まっていない「とりあえず帳票」です。
雷神レポートは、CSVデータを渡せば最適なレイアウトを雷神が判断して帳票を作成します。項目数が少なければより多くの情報を表示できるよう表を折り返す、項目数が多くなれば、1明細を複数の段で表示する。1ページにより多くの情報が表示される書式で帳票を作成します。

Excelを使ったレイアウト調整から解放

Excelを使ってCSVデータを帳票化するとき、ページの泣き別れや、データの尻切れがあり、「一応納得する状態」にするまでレイアウト調整に思いのほか時間がかかっています。 本来、現場担当者がする仕事とは、帳票のレイアウトを整えることではなく、その情報を活用して業務を進めていくことです。しかし、今は帳票の調整が仕事になっていませんか?
雷神レポートなら、データに合わせて、罫線や幅の調整、改ページ、文字が収まりきらない場合の調整を自動的に行い、帳票を出力します。今まで調整にかけていた作業から担当者を解放します。

利用シーン

一覧画面をとりあえず印刷

一覧で絞り込んでいるデータ、項目数が多いとデータが尻切れになったり、ページが泣き別れたりしますよね?
逆にデータ量が少ない時には、余白に折り返してほしいと思ったりしませんか?
雷神レポートは、可能な限りA4用紙1枚にデータが入るようにレイアウトを調整していきます。
幅調整から解放されるだけでなく、余白があれば、折り返して表示もしてくれます。



サブテーブル込みでデータをチェックしたいとき

一覧画面では、サブテーブルはクリックしないと表示されないため、サブテーブルの情報も含めた確認は難しいですよね?
雷神レポートならサブテーブルの情報も一緒に出力してくれます。データのチェックに最適です。

より詳しい説明はこちらの公式サイトから

価格(税抜)

利用料:14,000円(月額/2000回まで)
利用料ライト: 5,000円(月額/500回まで)
初期登録料: 100,000円

お試し・資料ダウンロード

お試し申込み 資料ダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせ

※こちらのお問い合わせフォームから、各サービスの提供会社に直接ご連絡が可能です。

提供会社

株式会社アイ・コン

URL:
https://www.icon-co.jp/

帳票開発ツール「風神レポート」、フォームレス帳票サービス「雷神レポート」、クラウド帳票サービス「帳票Online」を提供しています。