まほうの帳票「csvラポ」(旧名称:雷神レポート)

株式会社アイ・コン

csvlapot_logo2_w.png

csvラポは「フォームを用意しない」という今までにはない帳票サービス。kintoneの一覧画面のデータから見やすい書式を自動生成し、ポン!と出力します。

特徴

フォーム不要、データから見やすい書式の帳票を自動生成

「csvラポ for kintone」は、事前にフォームを用意することなく、kintoneのレコード一覧のデータを見やすい帳票に自動生成するプラグインです。一覧の項目数やデータの内容に合わせて、出力の都度レイアウトを自動で作ります。だから、一覧の並び順や項目が変わっても大丈夫!メンテナンスが一切不要のまほうの帳票です。





「フォームを作るまでもない」と思っていたデータの書式調整を自動化

例えば、ブラウザで確認している情報を印刷したいと思っても、データが泣き別れる、データが尻切れてしまう、といった印刷に苦労するケースも少なくありません。また、「サブテーブルの情報や文字数の長いデータを確認したい」といった場合、フォームを作るまでもないと思っていても、見やすい形にするためには、何かしら手を加える必要があります。


このように、わざわざカスタマイズをしたり帳票プラグインを導入してフォームを作るまでもないと思っているデータの確認をcsvラポはシームレスにします。 もう、「確認」のためのフォームづくりは必要ありません。Excelで書式を整える必要もありません。

利用シーン

一覧画面をとりあえず印刷

一覧で絞り込んでいるデータ、項目数が多いとデータが尻切れになったり、ページが泣き別れたりしますよね?
逆にデータ量が少ない時には、余白に折り返してほしいと思ったりしませんか?
まほうの帳票「csvラポ」は、可能な限りA4用紙1枚にデータが入るようにレイアウトを調整していきます。
幅調整から解放されるだけでなく、余白があれば、折り返して表示もしてくれます。



サブテーブル込みでデータをチェックしたいとき

一覧画面では、サブテーブルはクリックしないと表示されないため、サブテーブルの情報も含めた確認は難しいですよね?
まほうの帳票「csvラポ」ならサブテーブルの情報も一緒に出力してくれます。データのチェックに最適です。

より詳しい説明はこちらの公式サイトから

価格(税抜)

利用料:14,000円(月額/2000回まで)
利用料ライト: 5,000円(月額/500回まで)
初期登録料: 100,000円

お試し・資料ダウンロード

お試し申込み 資料ダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせ

※こちらのお問い合わせフォームから、各サービスの提供会社に直接ご連絡が可能です。

提供会社

株式会社アイ・コン

URL:
https://www.icon-co.jp/

帳票開発ツール「風神レポート」、まほうの帳票「csvラポ」、クラウド帳票サービス「帳票Online」を提供しています。