HENNGE One

HENNGE株式会社

カテゴリ
ID管理・セキュリティ
企画・マーケティング
営業・セールス
外部サービス連携
情報システム
法務・知財
総務・人事
開発・品質保証
顧客サービス・サポート

kintone含め、様々なSaaSサービスとのシングルサインオン(SSO)連携、アクセス制御を実現できます。

特徴

kintoneのアクセス制御を実現

kintoneに代表されるクラウドサービスはネットワークが繋がればどこでも利用できるというメリットがあります。一方で、自宅などシステム管理者の意図しない環境で利用できてしまうリスクも存在します。
HENNGE Oneを利用すると、IPやデバイス証明書の有無など、kintoneにログインするための条件を設定できるので、kintoneの利用を社内だけ、社給端末だけ、という形で限定することができます。

シングルサインオン連携で、kintone以外のクラウドサービスも一つにログインに

HENNGE Oneにはシングルサインオン連携の機能が備わっています。kintone以外のクラウドサービスを利用していることも少なくないかと思いますが、HENNGE Oneを利用すると、それぞれのクラウドサービスへ個別にログインする必要がなくなり、一回のログインで済ませることができます。
ご利用ユーザーにとっては、それぞれのクラウドサービスへ都度ログインする必要がないというメリットがありますので、サービス利用の利便性が飛躍的に向上します。また、すべてのクラウドサービスに対して、HENNGE Oneでアクセス制御を取りまとめることができるため、勝手にクラウドサービスを使わせることなく、セキュリティの穴を減らすことができます。

紹介ムービー

利用シーン

利用例①:kintoneを社内のみの利用に限定した場合

会社や営業所の固定IPを設定することで、指定したIPからのアクセスを許可し、それ以外のIP(例えば、自宅のネットワーク)からはアクセスできないようにすることも可能です。これにより、意図しない場所でのkintoneの利用を制限する事ができます。

利用例②:kintoneを社給端末での利用に限定したい場合

会社至急のPCやモバイルにHENNGEが発行するデバイス証明書をインストールすることで、証明書がはいった端末からのアクセスは許し、証明書が入っていない端末からのアクセスは遮断する、という制御も可能です。 これにより、私用端末からの意図しないサービス利用を防ぐことができます。

ユーザーごとや部署単位でアクセスポリシーを割り当てることが可能で

例えば、外出の機械が少ないバックオフィスのメンバーは利用例①のように「社内のみ」、外出先でも仕事をする事が多い営業部門のメンバーは利用例①②の組み合わせで「社内もしくは社給端末」という形で部署やユーザー単位でアクセスポリシーを設定することも可能です。

価格(税抜)

以下、標準価格となります。御見積は販売代理店様経由でご提示となります。

・HENNGE Access Control:@150円/月
※提供可能ライセンス数200〜

・HENNGE Device Certificate:@150円/月
※提供可能ライセンス数10〜。10単位でのライセンス販売となります。
※HENNGE Access Controlのご利用が前提となる有償オプションとなります。

※初期導入費、サービス費用等はライセンス料に含まれております。

お試し・資料ダウンロード

お試し申込み 資料ダウンロードはありません

セミナー情報

開催日 主催 開催エリア セミナータイトル

お問い合わせ

お問い合わせ

※こちらのお問い合わせフォームから、各サービスの提供会社に直接ご連絡が可能です。

提供会社

HENNGE株式会社

提供会社公式ページ:
https://hennge.com/jp/

弊社はクラウドセキュリティサービスHENNGE Oneを提供しております。kintoneのアクセス制御やシングルサインオンを実現することで、よりセキュアにそして便利にサービスを利用するご支援をさせていただきます。