kintone 連携サービス掲載基準

はじめに

kintone 連携サービスは、提供元パートナーの責任と費用において対象サービスの開発及び連携の検証を行っているものとします。 掲載基準を満たしていないサービスを発見した場合は、随時変更・削除の対応を取らせていただきます。

kintone 連携サービス掲載基準

サービスの提供者基準

サービス基準

  • ・連携サービスがサイボウズの定める「セキュアコーディングガイドライン」を遵守していること。
  • ・標準機能だけでは実現できない機能を備えていること。
  • ・運用上不都合がある箇所を補っている機能を備えていること。
  • ・kintoneをもっと便利に活用できる機能を備えていること。
  • ・連携する外部サービスの価格および連携コネクタの価格が明示されていること。
  • ・お客様からの連携利用に関するお問い合わせに対応いただくこと。

 ▼サービスの種類

  •  ・JSファイル/プラグイン
  •  ・外部サービス+JSファイル/プラグイン
  •  ・外部サービス+API

  • ※設定のみで連携可能なものも掲載可(RPAなど)
  • ※外部サービスとkintoneの連携において個別開発が必要な場合は、その旨を明記すること

連携サービスとして、kintoneの公式Webサイト掲載をお断りするケース

①サイボウズの定める「セキュアコーディングガイドライン」を遵守していないもの。

②kintoneの標準機能以上の価値が提供できていると判断できないもの。

  • ・標準機能でのみ作ったアプリテンプレート、アプリテンプレートセット。
  • ・kintoneの機能を補っていると判断できないもの。
  • ・kintoneをもっと便利に活用できる機能を備えていると判断できないもの。

③類似したアプリケーションを何度も提出している場合

④ユーザーに誤解を与えるサービス名称の場合。

サービス名称によって、ユーザーが誤解する、または混乱すると判断した場合は、
名称の変更をご依頼する場合がございます。ご了承ください。

サービス名規定

  • ・既にkintone連携サービスサイト内に存在する名称は避けること
  • ・名称内にkintoneを用いる場合
    kintone を前方に用いて「kintone(接続詞)サービス名」と表記しての使用はできません。接続詞の使い方に関しては、下記の「名称内にkintoneを用いる場合の推奨事項」をご参照ください。

名称内にkintoneを用いる場合の推奨事項

  • ●パートナーの自社製品/サービスとのkintone連携の場合

    ・xxxx for kintone
    ・xxxx to kintone
  • ●オプションのアダプタ製品によってkintoneと連携する製品/サービスの場合(主にEAI/ETLを想定)

    ・xxxx kintoneアダプタ/コネクタ/フロー/連携オプション
  • ●サービス連携なしの汎用的な機能拡張プラグインの場合

    ・xxxx kintone プラグイン

ドメイン規定

いかなる形であってもドメインに kintoneを用いることはできません。WebのURLにkintoneを用いる場合は、サブディレクトリやファイル名にて利用してください。(※ 「ドメイン」に関する規定は、2020年11月に更新。 2020年11月以前に公開されたWebサイトについては、本規定に準ずることが望ましい。)

ドメイン例:

  • ◯ https://www.domain.com/kintone/
  • ◯ https://www.domain.co.jp/subdirectory/kintone.html
  • ✗ https://kintone.com/
  • ✗ https://kintone-domain.com/
  • ✗ https://domain-kintone.co.jp/

    ロゴの利用・商標

    サイボウズの製品やサービスを表すロゴの使用を希望される場合は、二次利用に関するページをご覧ください。
    二次利用に関して