freee for kintone

フリー株式会社

_freee-_for_kintone.png

kintoneアプリとfreeeを組み合わせることによって、自社の業務フローに合わせたクラウドERPを設計することが可能となります。

特徴

freee for kintoneとは

会計freeeとkintoneのデータ連携を可能にする、拡張ツールと業務アプリがセットになったパッケージ商品です。従来からあった販売管理に関わる業務アプリとプラグインに加え、下記のプラグインを追加しました。開発者は、標準アプリやカスタマイズアプリを開発者が組み合わせることによって、販売管理に加え、仕入管理・経費管理・予算管理・原価管理・在庫管理・前受管理・経営分析などを会計freeeと組み合わせて業務フローを設計することが可能となります。

利用シーン

「販売管理」の連携イメージ

kintoneで管理している見積情報や請求情報をもとに、freeeで見積書や請求書を作成できます。また、freeeで会計仕訳や消込を行なったあとの、入金情報をkintoneとデータ連携できます。

「仕入れ管理」の連携イメージ

kintoneで管理している発注情報をもとに、freeeで発注書を作成できます。また、kintoneで在庫情報を管理すれば、freeeで会計仕訳や消込を行なった後、支払い情報をkintoneとデータ連携できます。

「棚卸資産管理」「経営分析」の連携イメージ

kintoneで管理している在庫情報をもとに、freeeで会計仕訳処理を行えます。また、freeeで行なった会計の締め作業を、kintoneのダッシュボードアプリで見える化できます。

freee for kintoneによる業務フロー

①kintoneで構築したCRM・SFAアプリを使い顧客・商談管理に加え、見積りや請求情報の管理、さらにはメール機能連携で送受信履歴の管理が可能です

②商談の進捗に合わせて、kintoneにある情報を会計freeeの見積り・請求機能へ自動連携します

③会計freeeで見積書・請求書の作成・発行・発送(メール送信、郵送サービス等)、債権管理、入金消込、仕訳登録までの一連の経理業務を完結します。

見積書や発注書、納品書や請求書等は自社オリジナル帳票で出力し、データのみをfreeeと連携する方法もあります。自社オリジナル帳票はkintone連携ツールよりお選びいただきます

④kintoneで入金情報の確認が可能です

利用企業のイメージ

・毎月、数百枚の見積り書や請求書等を発行している(今後そうなりそうな)中小企業。または経理・財務部門の人財確保が困難であったり、少人数で経理業務を完結したい中小企業

特に、
①様々なツールを使うことで業務全体が非効率になっている
②営業活動の属人化により案件の引き継ぎや見積、受注状況の可視化がうまくいかない
③データ連携不足により、入金状況や取引先の情報が財務会計システムと合わないケースが存在する中小企業

価格(税抜)

○会計freeeプロフェッショナルプラン
基本料金:47,760 円 / 月(税抜)
※年額払いの場合は 39,800円/月(税抜)

○会計freeeエンタープライズプラン
お問い合わせください

価格の詳細はこちらなります。

お問い合わせ

お問い合わせ

提供会社

フリー株式会社

URL:
https://corp.freee.co.jp/

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。