freee for kintone

フリー株式会社

カテゴリ
外部サービス連携
帳票出力・見積作成
法務・知財
経費精算・会計・請求管理

kintoneアプリとfreeeを組み合わせることによって、自社の業務フローに合わせたクラウドERPを設計することが可能となります。

特徴

freee for kintoneとは

freee for kintone は、freee株式会社から提供されるWebアプリケーションです。freee for kintoneを用いることで、会計freeeとkintoneを連携させて活用できます。 主要な機能として、kintoneレコードの情報を会計freeeと連携し、見積書・請求書、取引を作成、さらに会計freeeで管理している決済ステータスをkintoneから確認する こともできます。

会計freeeにkintoneを組み合わせて業務を検討することで、バックオフィス業務だけではなくフロント業務も含めて効率化を図ることが可能です。

freee for kintoneでできること

● 会計freee勘定科目、税区分、取引先、部門、メモタグ、セグメント、 経費科目、口座をkintoneに連携

・freeeに登録されているマスタ情報をkintoneのレコードとして保存できます。


● kintoneのレコードから会計freee取引先の新規登録(更新)

・kintone上の取引先の情報を連携しfreeeへ新規作成または更新できます。


● kintoneのレコード情報から会計freeeメモタグの新規登録(更新)

・kintone上のメモタグの情報を連携しfreeeへ新規作成または更新できます。


● kintoneのレコード情報から会計freeeセグメントの新規登録(更新)

・kintone上のセグメントの情報を連携しfreeeへ新規作成または更新できます


● kintoneのレコード情報を会計freee見積書に連携

・kintone上の見積情報をfreeeへ連携し見積書を作成できます。
・複数のレコードをまとめて連携し、見積書の一括作成ができます。
・会計freee見積書のステータスをkintoneに同期できます。


●kintoneのレコード情報を会計freee請求書に連携

・kintone上の請求情報をfreeeへ連携し請求書を作成できます。
・複数のレコードをまとめて連携し、請求書の一括作成ができます。
・会計freee請求書のステータスをkintoneに同期できます。


●kintoneのレコード情報を会計freee経費申請に連携

・kintone上の請求情報をfreeeへ連携し経費申請を作成できます。
・会計freee請求書のステータスをkintoneに同期できます。


● kintoneのレコード情報を会計freeeファイルボックスに連携

・kintone上の添付ファイルの情報をfreeeへ連携し、ファイルをアップロードできます。


● kintoneのレコード情報を会計freee取引に連携

・kintone上の取引情報をfreeeに連携し、取引を作成できます
・複数の取引をまとめて連携し一括作成ができます。
・会計freee取引のステータスをkintoneに同期できます。


● kintoneのレコード情報を取引の+更新(指定日での経過勘定の振替)に連

・kintone上の振替情報をfreeeへ連携し、振替処理ができます。


● kintoneのレコード情報を会計freee振替伝票に連携

・kintone上の振替伝票の情報をfreeeに連携し、振替伝票を作 成できます。


●kintoneのレコードに会計freee試算表を連携

・会計freee貸借対照表の情報(取引先別)を連携しkintoneに レコードとして保存できます。
・会計freee損益計算書の情報(取引先・品目別・部門別)を 連携しkintoneにレコードとして保存できます。


● kintone1サブドメインと会計freee複数事業所を連携

・1つのkintoneサブドメインと複数のfreee事業所を連携する ことができます。

利用シーン

「販売管理」の連携イメージ

kintoneで管理している見積情報や請求情報をもとに、freeeで見積書や請求書を作成できます。また、freeeで会計仕訳や消込を行なったあとの、入金情報をkintoneとデータ連携できます。

「仕入管理」の連携イメージ

取引連携を設定すると、kintoneで管理している発注情報をもとにfreeeで支出取引も作成できます。また、kintoneで在庫情報を管理すれば、freeeで会計仕訳や消込を行なった後、支払情報をkintoneとデータ連携できます。

「棚卸資産管理」「経営分析」の連携イメージ

kintoneで管理している在庫情報をもとに、freeeで会計仕訳処理を行えます。また、freeeで行なった会計の締め作業を、kintoneのダッシュボードアプリで見える化できます。

freee for kintoneによる業務フロー①(例:請求書の連携)

①kintoneアプリで請求情報の入ったレコードを作成します。


②[freeeへ請求書登録]ボタンをクリックして、作成したレコード情報をfreeeへ連 携します。


③請求書を「発行」のステータスでkintoneから連携すると、自動的に請求書に紐づく取引が作成されます。
※発行ステータスは「下書き」「発行」のいずれかで設定できます。


④会計freeeで請求書の作成後、Webで共有で得意先に請求書をクラウドで共有できます。


⑤Webで共有した請求書は共有日時や得意先の開封日時をkintoneのレコードで確認することが可能です。


⑥得意先から指定の口座に入金された場合、会計freeeにて入金明細を確認して消し込むことが可能です。
また、自動登録ルールを設定することで、次回からfreeeが自動的に消込を行う自動 登録機能もあります。


⑦freeeで行った請求書の発行や入金処理の状況をkintone上で確認可能です。


freee for kintoneによる業務フロー②(取引・ファイルボックスの連携)帳票データの連携

freeeの帳票のフォーマットが合わない場合、kintoneで帳票作成ツールで帳票を作成頂き、その作成した帳票をもとに、会計freeeに取引として連携することが可能です。



①kintoneのレコードの情報からオリジナル帳票を作成します。
※freee for kintoneでの機能はなく別途お客様で帳票作成ツールの購入・導入が必要です


②作成した帳票をレコードの添付フィールドに格納します。


③添付フィールド画像を会計freeeのファイルボックスに連携します。


④kintoneのレコードの情報をもとに会計freeeの取引に連携します。
また、格納した帳票を kintoneから1クリックでレコードと関連する取引と紐づけることが可能です。


紐づいた証憑はfreee取引の添付ファイルをクリックすることで確認できます。


価格(税抜)

○freee for kintone
無償
※freee for kintoneのご利用には別途会計freeeプロフェッショナルプランまたはエンタープライズプランのご利用が必要です。

○会計freeeプロフェッショナルプラン
基本料金:47,760 円 / 月(税抜)
※年額払いの場合は 39,800円/月(税抜)

○会計freeeエンタープライズプラン
お問い合わせください

価格の詳細はこちらなります。

お試し・資料ダウンロード

お試し申込みはありません 資料ダウンロード

セミナー情報

開催日 主催 開催エリア セミナータイトル

お問い合わせ

お問い合わせ

※こちらのお問い合わせフォームから、各サービスの提供会社に直接ご連絡が可能です。

提供会社

フリー株式会社

提供会社公式ページ:
https://corp.freee.co.jp/

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。